FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パティシエ福武 菜穂先生 お菓子教室レポート

クリスマスに作りたい・贈りたいお菓子」をテーマに

ランス「ピエールガニエール本店」などで経験を積まれ、

パティシエとして現在もフレンチレストランなどで活躍

れている福武菜穂さんを講師にお招きしてお菓子教室を

催しました。


Shef's Cooking 倶楽部


まずはクッキーの生地作りから。

ボウルを使わずにシートの上で混ぜてもいいのですよ

と福武先生。今回はツリーに飾るタイプのものなので

少しかために配合しています。

Shef's Cooking 倶楽部

バニラパウダーを加えた生地を皆さんで好みの型で

抜いたところ。これからオーブンで焼き上げます。



Shef's Cooking 倶楽部


福武さんが持参された秘伝のバニラパウダー。

日本では売っていません。フランスで買われているそうです。

思わず皆さん、「欲しい!!」



Shef's Cooking 倶楽部


洋梨のコンポートはワインを使わずに水とカソナード、

ーブ、スパイス類で煮ていきます。個体差や品種、大きさ

などによっても煮る時間は異なりますと福武先生。



Shef's Cooking 倶楽部


へたを残して煮ると可愛いですね。

かたさも色もちょうどよく、仕上がりが美しい!!



Shef's Cooking 倶楽部


半分にカットし、中央の芯をくり抜きます。これで完成!

というわけではなく、ここからがまた更に美味しく

頂くくためにひと手間かけます。


Shef's Cooking 倶楽部

エシレのバターとカソナードを溶かしてからベリー類と
緒にソテーしていくのです。


Shef's Cooking 倶楽部


なんとこの過程は1人1人に福武先生が伝授します。


Shef's Cooking 倶楽部


アイスクリームのクネルのやり方を福武先生が

1人1人に教え、皆さんが実際にクネルを作り、盛付ます。

この写真では市販のバニラアイスですが、メルヴェイユの

松本シェフが先日作られたほうじ茶のアイス(別名ペーアイス)も

ありました♪

このコンポートの食感、スパイスの絶妙な風味、

シロップの含み具合、カソナードとバターのコクなど
すべてが何ともいえない
ほどの美味しさ。


Shef's Cooking 倶楽部


クッキーが焼き上がっていよいよ皆さんでアイシング。

ーブンシートをくるくると巻きこみ、そこにアイシングを
入れ、
アラザンやカラフルなトッピングを飾ってデコレー
ション。
こちらは生徒さんの作品。可愛いですね。

皆さん真剣に々と作業されていました。


Shef's Cooking 倶楽部


こちらも生徒さんの作品。かわいい~☆クッキーは

クリスマスの可愛い袋に入れ、リボンをつけてお持ち帰り

頂きました。


Shef's Cooking 倶楽部


洋梨だけで作ったフランスのスパークリングワインも

一緒にお出ししました。


Shef's Cooking 倶楽部

こちらがフランスで購入されているというバニラパウダー。


Shef's Cooking 倶楽部


アイシングに使ったメレンゲパウダー。

バニラ風味なので美味しくて日持ちがするんだそう。


Shef's Cooking 倶楽部


ソテーに使ったエシレのバター。

このバターを使うからこまた一段と

美味しくなります。


Shef's Cooking 倶楽部


福武先生は美人なのにお話するとノリがよくてそのギャッ
プが
好きです。心地いい関西弁で皆さんを楽しませながら
レッスン
して下さいました。


フランスで8年間経験を積まれ、頭の回転の速さといい、

センスのよさといい、お会いするたびに惚れてしまいます。(笑)


お菓子教室初めてとは思えないほどのスムーズさは

「どうやったら時間通りに無駄なく出来るかシュミレーション

してきました」とおっしゃっていましたが、その完璧さに

あっぱれです!


来年はシェフの方と一緒にお店をオープンするそうなので

そちらも楽しみにしています!!



福武先生、参加して下さった皆様、どうもありがとうございました。
スポンサーサイト
京しずく 岡田料理長 おせち教室レポート | Home | ラ・ターシュ 大平シェフ 料理教室レポート

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。