FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小口シェフ 50度洗い料理教室&調理道具講座

昨日は今話題の50度洗い講座をサロンアスペルジュで
開催しました。

講師は50度洗いについてテレビや雑誌などで多数紹介
されている自由が丘「SORA」の小口シェフ。

小口シェフは50度洗いを提唱している平山先生とも面識があり、
細かいデータなどについても色々と教えて頂いているそうです。

 
テーブルの上には野菜や果物が沢山♪♪
小口シェフがブランディングしている庄内野菜も。

 
あえてクタッとしてしまった水菜を持参頂き、
温度計で計って50度のお湯の中に入れていきます。
※鍋の下にカセットコンロがありますが、火はついていません。

 
野菜や果物もどんどん丸ごと入れていきます。
野菜をいれると一度お湯の温度が下がりますが、
その都度お湯を足していき、常に50度になるようにします。

 
葉物野菜はシャキシャキ!!酸味のある果物は酸味が
おだやかになり、玉ねぎなどは甘みが増すそうです。

 
今回のトマトはアイコです。へたをみればわかりますが、
50度洗いをするとへたが元気になります。

 
50度洗いをしたアイコ。ツヤツヤになります。

 

葉物はグリーンが濃くなり、シャキ!!とします。
包丁でカットした時の音がまるで違います。
セロリを切っているかのようないい音がします。

この状態でラップなどもせず、1時間くらい放置しました。
エアコンのついている部屋だったので通常ならしんなり
してしまうのですが、50度洗いをすると全然しおれません。
50度洗いの威力はすごい!!

 

マッシュルームも洗ってみました。
洗っていないものと50度で洗ったものとどう違うか
食べ比べ。「50度洗いをしたほうが歯ごたえがいい!」
というご意見もありました。

「きのこ類の中には50度洗いに適さないものもあります。
あとは好みですね。きのこの香りを楽しみたい方は
洗わずに使ってもいいですし。豚肉も豚本来の風味が好きと
いう方もいらっしゃるのでその素材によって50度洗いを
する、しない食材を自分の食の好みで選別するといいですね」
と小口シェフ。

50度で洗ったマッシュルームの香りは消えてしまうかな?
と最初は思ったのですが、50度で加熱を続けるのではなく、
50度のお湯に1分入れるだけなのでそこまで風味や香りが
消えるという感じではなかったです。逆に食べやすくなるような。

 
豚肉も50度洗いしてみます。魚やお刺身も出来ます。
冷凍の帆立などは50度洗いしたほうが断然ふっくら
美味しくなるそうです。
 

こちらが50度洗いした三元豚。時間がたつと
うっすらピンク色になります。塩、こしょうをふって
フライパンで焼いていると50度洗いしなかった豚肉と
比べて厚みが出てふっくらします。

 
小口シェフが作ってきて下さったお品書き。
50度洗いをした食材を使っていよいよお料理を作ります。

 
 
 
じゃーん!50度洗いしたお野菜とフルーツ大集合。
生で食べられるコリンキーや式部茄子など盛り沢山。
歯ごたえがあってシャキシャキとして美味しい!と皆さん。

 

1個100円する高級卵を使ってスペイン風オムレツを作ります。
小口シェフが実際に作り方をデモンストレーションしながらレッスン。

 
味付けは塩、こしょうのみでシンプルに。ケチャップを下に描き、
盛付ました。中には50度洗いした玉ねぎ、チンゲンサイ、三元豚の薄切り、
じゃがいもなどが入っていて美味しい~!!

 

メインは三元豚のステーキ。庄内のきのこをバターで炒めて
醤油やみりんなどを加えて和風に。キャロットラペは私が作りました。
バルサミコソースをかけて。

 

今回、まな板と包丁を提供下さったのは株式会社ここ様。
このまな板は希少な木、榧(カヤ)から出来ているのです。
通常のまな板より重いし厚みがあるのですが
料理好きにはたまらない安定感。

ネットで販売しているものはこの画像のまな板よりも
少し厚みもサイズもコンパクトになったものです。

まな板・包丁・砥石のネット通販はこちら→☆

まな板としてでなく、料理の盛り用に使われる方も多いとか。
包丁も切れ味抜群で包丁の原点「野鍛冶」の黒打ち薄刃です。
本物の包丁、1本あるとずっと使えます。

今回小口シェフが作られたスペイン風オムレツをカット
する時にこの包丁を使わせて頂いたのですが、卵が
崩れず、スパッと切れました。さすがの切れ味です。

こういう道具は実際、目の前で見て触って使ってみて
初めて良さが実感出来ますね。まな板も私は一目惚れでした。

 

こちらは砥石。早く使ってみたいです!!

この包丁やまな板、砥石はサロンアスペルジュで行う
各教室や講座で展示しますので欲しい方やご興味のある方は
いつでもご連絡下さいね。

試食後はこれらの調理道具について小口シェフと
株式会社ここ 平井社長よりお話をして頂きました。

小口シェフ、平井社長、そして参加して下さった皆さん、
どうもありがとうございました。

50度洗いのすごさを体験したので私も家で早速
実践しようと思います。 !(^^)!

 

スポンサーサイト
シェフの料理教室に参加するには? | Home | 玄瑛-Wagan- 入江シェフ ラーメン教室

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。